ゴルフ練習器2021.12.27

おうち時間に活用したい!  おススメ練習器具ベスト3

なかなかコロナが終息する気配を見せてくれませんが、月日だけは足早に過ぎ去り、あっという間に2021年も終わります。コロナもそうですが、今年の冬は寒波が厳しく、ラウンドに出かける気にもなれないという人も多いのではないでしょうか? そんなおうち時間を使って、ゴルフをレベルアップさせたいと考える方々のために、今年も紹介した練習器具の中から、特におススメしたいアイテムベスト3を選んでみました。

あくまでも個人目線でのチョイスではですが、楽しみながら使い続ければ、確実にレベルアップを図れるスグレモノだと自負しております。気になったら、ぜひ試してみてくださいね。

それでは、早速紹介します!

第3位 室内でも実践的なスイングができる伸びる練習器具「ダイヤスイング531」

『ダイヤスイング531』商品ページ

おススメのポイント

・伸びたときでも61センチとコンパクトだから室内で振れる

・正しいリリースポイントが確認できる

・下半身リードのスイング、理想的なタメが身につく

約41センチとコンパクトなサイズ感のスイング練習器具です。通常のクラブと同様のグリップが装着されていて、その部分を握って、スイングするとシャフト部分が伸びます。伸び切ったとしても約61センチなので、狭い室内でもスイングの動きがチェックできます。

スイングのどの位置でシャフトが伸びたかをチェックすることで、正しいリリースポイントを体感することができます。理想は身体の正面、インパクトゾーンでシュパッと伸びてくれるスイング。別のところで伸びてしまうのは、スイング自体に問題があることをわからせてくれる練習器具なのです。

理想の場所でシャフト部分が伸びるように、スイングチェックをしていくことで、リリースポイントやタメを意識しながら、下半身リードのスイングが自然に身につくようになります。また、「シュパッ!」と伸びる感じが楽しくて、何度も何度も振っていたくなるグッズです。思い立ったときに、手軽に使えるので、皆さんにもぜひ試して欲しいと3位にチョイスしました。

第2位  遊び感覚でさまざまなアプローチショットを身につけられる「アプローチ名人」

『アプローチ名人』商品ページ

おススメのポイント

・狙い場所に合わせて多彩なアプローチ練習ができる

・ゲーム感覚で、仲間同士で競い合うのも楽しい

・コンパクトに収納できるので収納場所に困らない

コンパクトに収納できる組み立て式のアプローチ練習器具「アプローチ名人」を、第2位に選びました。

何といっても、4つのポケットを設けた「ショット別練習ターゲット」が楽しい!ポケットのすぐ上には、上からLOB、PITCH、CHIP、RUNNINGと記載されていて、自分が打ちたいと思うショットの高さのポケットを狙って、アプローチの練習ができます。

通常のアプローチ練習だと、何となくグリーンを狙うだけになりがちですが、このグッズを使うと、球の高さの打ち分けが自然に身につくようになり、ピン位置に合わせた多彩なアプローチショットを自然に身体で覚えることができるようになります。

練習器具としても優れていますが、もう一つ、アトラクションゲームとしての活用法ができそうなのも、気に入った点です。コンペの待ち時間を利用して、アプローチゲームを行ない、それをポイント制にして、コンペ成績と合わせて順位を出すようにすれば、盛り上がりそうだと思いませんか?

楽しみながら上達! これが私の練習器具選びのポイントでもあります(笑)

 

第1位 コンパクトサイズで電動リターン機能付! どこでも気軽に練習できる「ダイヤオートパットポータブル」

『ダイヤオートパットポータブル』商品ページ

おススメのポイント

・電動リターン機能付きで打ったボールが戻ってくる

・コンパクトサイズでパターマットはもちろん、カーペットでも使える

・コンパクトだから旅先に持っていける

「ダイヤオートパットポータブル」は、アドレスした場所に自動でボールが戻るオートリターン機能が付いたパター練習器具です。A4サイズのコンパクトサイズで、小さめのパターマットや、カーペットの上でも使える手軽さです。

カップ部分は傾斜がないフラットな形状の「静音オートリターン」機能の採用で、返球時の動作音やカップインの音も気になりません。返球距離はダイヤルで3.5mから1mまで設定できる「返球距離調節ボリューム」搭載なので、打っている場所にちゃんと戻ってきてくれます。カップをはずしてしまっても、返球スペースにボールが収まって、カシャーンとボールを戻してくれます。これ、かなり快感です(笑) これがあれば、打ちたい距離の練習が1つのボールで反復して行えます。

USB-ACアダプターのほか、単三乾電池4本も使用可能で、スイッチ1つで電源の切り替えができます。A4サイズなので、バッグにも楽々、収納できるし、重さも630gと軽量なので、持ち運びもらくちん。

今はおうち時間用の利用がメインですが、コロナが終息したら、旅先に持っていって、練習したくなるアイテムです。

いつでもどこでもパット練習ができる手軽さがポイントとなり、「ダイヤオートパットポータブル」が、私にとっての第一位に輝きました!

おうち時間を楽しみながら、冬の間にレベルアップを図ろう

冬の間は、練習場やゴルフ場から遠のいてしまいます。そんなときに、家にいる時間を活用して、気軽に練習できるグッズベスト3を紹介しました。

寒い冬はおうちでこういったグッズを利用して、レベルアップを図り、暖かくなったら、ゴルフ場でその成果を確認! 春を目指して頑張りましょう。

そして、2022年皆様が素敵なゴルフをたくさん楽しめますように!