ゴルフ練習器2020.12.22

スコアを縮める可能性大!おススメ練習器具ベスト3

あっという間に2020年も終わりますね。今年は新型コロナウイルスに翻弄された1年だったといっても、過言ではないでしょう。そして、その猛威は未だに続いており、この年末年始もどこにも出かけずにステイホームという方も多いのではないでしょうか? そんなおうち時間を使ってスコアアップを目指したい……そう考えるゴルファー諸氏のために、今年紹介した練習器具の中から、特におススメしたいアイテムベスト3を選んでみました。

あくまでも個人目線でのチョイスではありますが、きっちり使い続ければ間違いなくスコアアップに結び付けられるスグレモノだと自負しております。

それでは、早速紹介しましょう!

第3位 高密度な人工芝でベント芝の転がりを再現する「ダイヤパターグリーン HD2020」

『ダイヤパターグリーンHD2020』商品ページ

おススメのポイント

・高速ベントグリーンのタッチで練習できる

・白いラインでパターヘッドの軌道もチェック可能

・コンパクトサイズで収納に困らない

スティンプメーターでの計測値は11.8フィートと、難易度の高い速いグリーンのフィーリングが得られる「ダイヤパターグリーン HD2020」。従来のパターマットで使われている人工芝よりも、1.8倍も密度が高いものを使用して、ボールの転がりを良くしているのが速さの秘密です。

プラスチックカップのないフラットタイプで、幅20センチなので、狭い部屋でもきっちり広げられるし、練習後はくるくると丸められるコンパクトサイズだから、収納場所にも困りません。私は壁沿いに置いて、頭を壁につけてストローク練習するドリルにも活用しています。

マットの中心には6センチ間隔の2本の白い線が引かれているので、パターヘッドの軌道を確認しながら、ストローク練習も可能です。

自宅で本格ベント芝のフィーリングが得られるし、価格も手頃なので、誰かにプレゼントしても喜ばれそうですね。

 

第2位 パッと見はおもちゃのクラブみたいなのに実は超スグレモノ「ダイヤスイング533」

『ダイヤスイング533』商品ページ

おススメのポイント

・柔らかく大きなヘッド付でフェース面を意識できる

・音のチェックでスイングテンポが確認できる

・全長75センチだから室内でも振れる

全長75センチのゴルフスイング練習器「ダイヤスイング533」。柔らかい素材で、先端に大きなアイアン形状のヘッドがついているので、パッと見は小さい子供用のおもちゃのクラブのようですが、上達のための機能がギュッと詰まったスグレモノです。

振ってみると、グニャグニャとシャフトがしなる感覚がありますが、そのおかげでトップからダウンスイングに入るときに、ゆったりと切り返せて、自然にタメを意識できるようになります。また、音が鳴る機能も搭載。「カチッ」という音がスイング軌道のどこで鳴ったかを確認することで、手打ちを防いで、安定したスイングリズムで振れるようになります。ちゃんと下半身リードのスイングで振れると、「インパクトゾーン」で音が鳴ります。正しい場所で音をさせたいと思うので、繰り返し素振りをするクセがつくんです。音を意識して振ると、フォロースルーでは、ヘッドが走るような感覚がつかみやすく、常に同じリズムで振れます。

先に大きなアイアン形状のヘッドがついているおかげで、常にフェース向きを意識したスイングが身につきます。さらに、ヘッドが大きい分、アームローテーションを意識しやすいんです。フェースの動きを意識しながら、繰り返し振ることで、正しいスイングの動きが自然に身につくので、素振り練習がより効率的に行えると思います。

室内で気軽に使えますし、練習場で普通のクラブを打つ前に、素振りチェック用に振ってみるのもおススメです。

 

第1位 1つのボールでエンドレスに練習できちゃう「ダイヤパットリフレクター」

『ダイヤパットリフレクター』商品ページ

おススメのポイント

・打ったボールが戻ってくるから1つのボールでずっと反復練習が可能

・コンパクトサイズでパターマットはもちろん、カーペットでも使える

・ずっと練習していても飽きない楽しさがある

「ダイヤパットリフレクター」は、パターマットやカーペットに置くだけのリターン式パター練習器です。シリコーンチューブがついていて、まっすぐにパッティングを打ち出すと、ボールが跳ね返り、アドレス近くまで戻ってくるのです。電気も何も使わずに、1個のボールで延々と練習できるので、時間が経つのも忘れて、黙々と練習してしまいました。

チューブに対して、まっすぐに順回転でボールが当たるようにパットするとまっすぐにボールが返ってきます。つまり、まっすぐに打ち出せなければ、ボールが戻ってこないので、ストロークチェックにも最適なんです。まあ、多少、曲がって当たってしまっても、アドレス付近まで戻ってくれますが(笑) とはいえ、練習で一番よくないのは、ストレスを感じてしまうことですよね。それを感じることなく、楽しく反復練習ができる練習グッズです。

裏側に固定用スポンジがついていて、それをパターマットやカーペットに押し込むように設置すれば、ズレることなく使えます。カーペットでも使えるのもポイントが高いと思います。練習器具で重視するのは、手軽に使えるか否か、そういう意味で思い立ったときにすぐに使える「ダイヤパットリフレクター」が、私にとっての第一位に輝きました!

 

室内練習器を活用して、充実したおうち時間を過ごそう

寒い季節、どうしても、練習場やゴルフ場から遠のいてしまいがち。さらに、新型コロナウイルスの影響で、外出を控えている人も多いのではないでしょうか? 家にいる時間を有効に使いたい…今回はそんなニーズに応えてくれる練習器具ベスト3を紹介しました。

あっという間に過ぎてしまった2020年。なかなか思い通りにいかないことも多いですが、気持ちはいつも前向きにいたいですよね。おうちで静かにレベルアップを目指し、2021年のラウンドでその成果を発揮していただければと思います。

皆様にとって、2021年が素敵な年になりますように!