ゴルフ練習器2019.01.30

実は重要?決まるだけで数打の違い ショートパットを極めよう!

ショートパットの練習は自宅で可能

だからといって練習場に行ってパッティング練習をしますか?プロやプロを目指しているアマであれば話は別ですが、答えはノーだと思います。したとしても少しだけ、練習場に行くと何故か大きなクラブを練習したくなりますよね…。

となれば解決法は一つ。家で練習すればいいのです!「だけどスペースが…」という方もいらっしゃると思いますが、スペースが必要な距離はショートパットの距離ではありません。100センチ以下の長さ(広さ)があれば「パットアウト」で十分に練習ができます。

本番よりパットアウトの方が難易度は高め

パットアウトには穴が開いていて、ジャストタッチで打てばそこにボールが収まるようになっています。試してみると分かりますが非常に難しいです。数センチの距離でもなかなか上手く行きません。最初のうちはイライラしてしまうかもしれませんが、何回も何回も練習するうちに収まる瞬間がきます。その瞬間が気持ちよく、そのフィーリングを覚え繰り返すことができれば、本番のグリーン上では「パットアウトより簡単」と思うことができるでしょう。

フタを閉めれば自然とボールが自分のところに戻ってくる仕組みになっています。白い部分はカップと同じサイズなので少しオーバーするような感覚で打てば、傾斜でボールが自然に自分のもとへ戻ってくるので楽に練習できます。また、パットアウト自体は折り畳み式で持ち運びも楽々なのでどこでも練習可能です。

【動画】パットアウト

ショートパット向上がスコアを縮める近道

ショートパットが上達するとロングパットも上達します。なぜか?短いパットに自信があると「ある程度でいい」と気軽に打てるからです。また、パッティングが良くなればショットも良くなります。なぜか?「グリーンに乗せれば得意のパッティングでどうにかなる」とリラックスして打てるようになり、結果的にベタピンなんてこともあります。パッティングに苦手意識があるとどうしても「ショットでどうにかしたい」、「常にベタピンにつけたい」とプロでも難しいことを考えてしまいます。

楽にゴルフをするためにも、スコアを縮めるためにもパットアウトでショートパットを極めて、全体的なゴルフ技術向上と、かっこよく「お先」をしちゃいましょう!

▼【商品ページ】パットアウト
https://www.daiya-idea.co.jp/golf/practice/49019480401130-2/