ゴルフ練習器2019.09.24

ゴルフの上達はグリップから!握って基本を叩きこもう

ゴルフクラブと体を繋ぐ唯一の接点はグリップであり、正しいゴルフグリップの習得は、ゴルフ上達の重要な要素となっています。そのため、グリップに悩まれているアマチュアゴルファーに向けて、様々なグリップ矯正用の練習器(モデルグリップ)がたくさんありますよね?しかし、従来のモデルグリップでは、グリップ矯正を行いながら実際にボールを打つことができないため、正しい基本グリップを習得したと思って、いざ自分のゴルフクラブで握ってみると、何か違う気がする…と感じているゴルファーの方、少なくないのではないでしょうか?

使い方はグリップに装着するだけ

そんなアマチュアゴルファーの悩みを解決するのが新発想のモデルグリップ『ダイヤラッピンググリップ』です。ゴルフクラブのグリップへ被せるようにラッピング装着することで、ご自身のゴルフクラブで実際にボールを打ちながらプロの基本グリップを習得できます。
普段の握りがウィークすぎたり、ストロングすぎると違和感を感じると思いますが、その癖をなくすようにグリップしながら基本の位置を覚えましょう。

【動画】ダイヤラッピンググリップ

実際に打ちながら正しい握り方を覚えられる

『ダイヤラッピンググリップ』と他のグリップ矯正器具の違いは、実際に打てるか、打てないかです。従来のグリップ矯正器具は、矯正を行いながら実際にボールを打つことが出来なかったので、正しい基本のグリップを自身のクラブで習得するのが難しく、結局いつものグリップに元通り…なんてことも。
しかし、ダイヤラッピンググリップは矯正しながら実際にボールを打つことができるので、いち早く理想のグリップを身につけることが可能となりました。

グリップの形は植村啓太プロ

『ダイヤラッピンググリップ』の形状は、プロゴルファーのコーチ実績とともに、アマチュアゴルファー向けレッスンでも定評の人気インストラクター、植村啓太プロが監修したモデルグリップです。ゴルフグリップには様々な握り方がありますが、まずは自己流の癖がつく前に、プロのグリップを習得するということも上達の近道になります。

上級者にもオススメ

一見、初心者のためのグリップ矯正器具と思われがちですが、上級者にもオススメです。なぜかというと、知らず知らずのうちにグリップの形が崩れていることがあるからです。
上級者はある程度、小手先でコントロールできてしまったり、なんとなくグリップしても打つことができます。逆に言えば、毎回しっかり確認して握れていれば、より良いスコアが出るということです。
基本の握り方を思い出すという意味でもグリップ矯正器具は重要となってきます。

最後は自分で調整

大切なのは植村プロの基本グリップを身につけた後です。あくまでも基本中の基本なので、微調整は自分で行わなければなりません。
飛距離を出したければ気持ちストロングにしてみる、スライスをかけたい時は少しだけウィークに握るなど、打ちたい球筋によってグリップを変えていきましょう。もちろんグリップを全く変えずにフェースの開きなどで対応しても問題ありません。
ここで気を付けたいのは、せっかく矯正したグリップから大きくずらさないことです。あくまでも少しだけ。超フックグリップ、超ウィークグリップなどで握ってしまうと、基本からはるかに離れてしまい、スイングの乱れに繋がってしましますのでご注意を!

▼商品詳細・購入はこちら