INFORMATION2019.4.23

【ニュースリリース】ドライバーの飛距離がよみがえるゴルフ専用トレーニングチューブ『ダイヤパワーチューブギア』を発売

New Release

ドライバーの飛距離がよみがえるゴルフ専用トレーニングチューブ

『ダイヤパワーチューブギア』を発売

~ 体の捻転を習得して飛距離をアップする関雅史プロ監修のトレーニング術 ~


  • 『ダイヤパワーチューブギア』

  • 関雅史プロ(QPさん)

ダイヤゴルフのブランドでゴルフ用品を展開している株式会社ダイヤコーポレーション(本社:東京都中野区、代表取締役:豊澤一誠)は、飛距離アップに必要な身体の捻転を習得できるゴルフ専用トレーニングチューブ『ダイヤパワーチューブギア』を2019年4月25日に発売します。

商品名ダイヤパワーチューブギア
品番TR-469
本体価格5,000円(税抜)
発売日2019年4月25日

年齢とともにドライバーの飛距離が落ちてきたというゴルファーの声を聞きます。飛距離を出すためには、下半身を固定しながら上半身を回転させて身体を捻る動き「捻転」が重要ですが、筋力や柔軟性の衰えから捻転の可動域が狭くなって飛距離が出なくなります。適切なスイングで体の捻転可動域を広げることが、飛距離アップへ繋がり、若い頃のあの飛距離を取り戻すことができます。
そこでダイヤゴルフは、飛距離アップに必要なトレーニングができる『ダイヤパワーチュ-ブギア』を発売します。『ダイヤパワーチューブギア』を使ったトレーニング術は、ダイヤアドバイザリースタッフの関雅史プロが監修。スポンジ部を踏み、グリップ部を握りながらトップの限界まで体をねじるトレーニングを繰り返すことで、身体の捻転可動域が広がります。それによって、テイクバックからフォロースルーまでのスイングスピードが速くなり飛距離アップに繋がります。そして、強いインパクトの実現に必要な右腕のタメを習得することができます。タメを意識した練習を行うことでアーリーコックを防ぎます。グリップ部はモデルグリップが装着。基本的なグリップを習得しながらトレーニングが行えます。

「ダイヤパワーチューブギア」の商品特長

1. 理想のスイングを習得できる
テイクバックのトレーニング(図1)を行う場合は、左足でスポンジ部を踏み、モデルグリップを握ったら、トップの限界まで体をねじり、その状態をキープします。フォロースルーのトレーニング(図2)は、右足でスポンジ部を踏み逆の方向に上半身を捻ってフォロースルーの状態をキープします。このトレーニングを繰り返し行うことで、身体の捻転可動域が広がり、スイングスピードの向上に繋がります。

2. 右腕のタメを習得できる
右腕のタメを意識するトレーニングができます。スポンジを左足で踏み、モデルグリップを握り、ゆっくり肩の高さまでテイクバックします。そのまま、腰の高さまでおろし、手首のコックがほどけないようにキープします。タメを意識することで、アーリーコックを防ぎ、より強いインパクトになります。

3. 正しいグリップを習得できる
グリップ部分はモデルグリップ仕様(右利き用)になっているため、トレーニングをしながら正しいグリップを自然に習得できます。ゴムのチューブなので、持ち運びもでき、自宅でのトレーニングやラウンド前のウォーミングアップにも使用することができます。

商品仕様

商品名  :ダイヤパワーチューブギア
品 番   : TR-469
素 材   :天然ゴム、エラストマー樹脂
本体寸法 :全長約67cm(最長伸約235cm)
本体質量 :約195g
グリップ :モデルグリップ(右利き用)
本体価格 : 5,000円(税抜)
発売日   : 2019年4月25日
JAN   : 4901948044629

・商品紹介ホームページ URL : https://www.daiya-idea.co.jp/golf/practice/4901948044629-2/
・当社公式ショッピングサイト商品ページURL:https://item.rakuten.co.jp/daiya/4901948044629/
・取扱い場所 : 全国のゴルフショップ、スポーツショップの一部店舗、インターネット通販等

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ダイヤコーポレーション
TEL : 03-3381-5454 受付時間 : 9:00-12:00/13:00-17:00(土日・当社休日を除く)
お問い合わせフォーム : https://www.daiya-idea.co.jp/contact/

このニュースリリースに記載の内容(価格、商品仕様、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースリリース(PDF)