洗濯ネット2019.07.18

知らないと損?!ブラトップ専用洗濯グッズ

ブラトップに特化した洗濯ネットと速乾ハンガー

これからの季節、タンクトップやキャミソールなどを着る機会が増えてきますが、カップとキャミソールが一体になった「ブラトップ」が活躍してくれますね。ブラトップはルームウェアとして一年中使用でき、特にこの時期は暑さ対策と、薄着の時のブラジャー透け対策として便利ですね。また、ユニクロやGU、無印良品などが、新しい機能・生地のブラトップを発売しており、今や下着を超えたおしゃれインナーとして使用する方も多く、夏の定番になっています。多くの女性が1枚くらいは持っているのではないでしょうか?

でもこのブラトップ、自宅で洗う際には普通の洗濯ネットに入れて洗いますが、洗濯ネットに入れているにもかかわらずカップ部分がよれたり、形が崩れてしまったりと、生地や素材の兼ね合いもあり、上手に洗濯するのがなかなか難しいインナーの一つではあります。

そんな方にオススメなのが、《ダイヤ ブラトップネット》です。ブラトップ専用の洗濯ネットを使うことで、驚くほど型くずれせず、ブラトップを長持ちさせることができます。衣類の傷みはほとんど洗濯・脱水時に発生するのですが、その傷みも大幅に軽減できるんですよ。

さらに、ブラトップ専用のハンガーを使うと、乾きにくいカップ部分も速く乾くんです。
今日はダイヤのブラトップ専用の洗濯ネットとハンガー、《ダイヤ ブラトップネット》と《ダイヤ ブラトップハンガー》をご紹介しますね。

型崩れを防ぐ立体形状がポイント!ダイヤ ブラトップネット

まずは、ブラトップ専用の洗濯ネットをご紹介します。
《ダイヤ ブラトップネット》の商品ページはこちら

ブラトップ専用だけあって、《ダイヤ ブラトップネット》は、様々な工夫やアイデアが盛り込まれています。その工夫の一つが、

カップの裏返りを抑えてくれる適度なふくらみをつけたギャザー付き立体形状

ブラトップのカップはブラジャーと違ってかなり動くものもありますし、しっかり縫い付けられているものも、裏返ってしまったまま他の衣類の重みや水流を受けると、どうしてもカップ部分が傷んでしまいます。

ブラトップ専用の洗濯ネット《ダイヤ ブラトップネット》なら、ギャザーによる適度なふくらみをつけた立体形状でカップの形を守ったまま優しくブラトップをホールド、傷みを防いでくれます。さらに、細かいメッシュが糸クズ等の侵入を防いでくれるので、洗った後に糸クズやペットの毛だらけ、それを払うために、繊細な形状では形崩れの原因となるパンパン叩く、などの無駄な手間がかかりません。

また、ネット自体はクッションメッシュでできた二重構造。Tシャツやデニムなどと一緒に洗濯機を回したり、脱水したりしても、衝撃から守ってくれます。そして、ダイヤが力を入れている耐久性抜群の持ちやすく開閉しやすい大きなファスナー引き手と、洗濯中にファスナーが開かないファスナーカバー。《ダイヤ ブラトップネット》は、衣類と使う人のことを考えた洗濯ネットになってるんですよ。

厚手で大きめのブラトップだと一つのネットに一枚。薄手のブラトップや、ヨガなどに使うスポーツタイプのブラなら二枚くらいは入ります。もちろん他のデリケートな洗濯物にも使えますから、冬場でブラトップが洗濯物にない時はストッキングやキャミソールなどの衣類の洗濯にも使えます。

《ダイヤ ブラトップネット》の商品ページはこちら

立体干しで早く乾く!ダイヤ ブラトップハンガー

続いては、ブラトップに物干しに特化したハンガーのご紹介です。
《ダイヤ ブラトップハンガー》の商品ページはこちら

ブラトップの洗濯後は、当然物干しなどに掛けて干すわけですが、表面の布地のところは乾いているのにカップの部分だけ湿っぽい・・・と言う経験をした方はけっこういるのでは?
カップの部分はどうしても生地とカップの二枚重ねですし、カップは厚みがありますから乾きにくいんですよね。そんな悩みを解消してくれるのが、ブラトップ専用ハンガー《ダイヤ ブラトップハンガー》です。

まずはこのハンガーならではの機能をご紹介しますね。

《ダイヤ ブラトップハンガー》は、普通のハンガーとくらべ形状が少し異なりますが、干し方は普通のハンガーと同じで、肩部分からブラトップを掛けます。かけた後は、《ダイヤ ブラトップハンガー》ならではの機能

回転式「くるりんフレーム」にご注目!

「くるりんフレーム」をくるりんと回転させると、ハンガーが立体に開いて、前身頃と後見頃の生地に約十センチの空間ができ、風通しが良くなるんです。言葉では分かりにくいかもしれませんので、下記ムービーなどもご参照ください。

ムービーはこちら。

【動画】ダイヤ ブラトップハンガー

ムービーの中にも出てきましたが、「くるりんフレーム」の先端はフック上形状なので、肩紐をホールドしてくれて、ずり落ちやすいタンクトップやキャミソールも安心。《ダイヤ ブラトップハンガー》はこんなところも抜かりなく、痒いところに手が届く仕様です。

《ダイヤ ブラトップハンガー》でブラトップやキャミを風通し良く干せば、本当に速く乾くと評判。二個入りなので、一つ用意しておくと、速く乾いてほしい時に実力を発揮してくれます。
キャミソールタイプ、レース付きタイプ、タンクトップタイプなど様々なブラトップのお洗濯に大活躍します。もちろん、ブラトップだけでなく普通のキャミソールやタンクトップも速く乾きますので、365日、いつでも活躍してくれますよ。また、「くるりんフレーム」は使わない時は平面に畳めますので、コンパクトに収納できるところも嬉しいポイントです。

《ダイヤ ブラトップハンガー》の商品ページはこちら

いかがでしたでしょうか?
「ブラトップ専用」なんて必要ないと思っている方も多いのでは。でも、洗濯という日常的な作業もできればストレスなく、楽しく、便利にしたいですよね。

今回ご紹介したブラトップ専用洗濯ネット《ダイヤ ブラトップネット》、便利に速く乾く、ブラトップ専用ハンガー《ダイヤ ブラトップハンガー》は、実際にお使いになられた多くの女性からも評判の洗濯グッズです。いよいよ夏本番、出番が多くなる「ブラトップ」のお洗濯の時に、ぜひ使ってみてくださいね。