洗濯ハンガー2019.02.25

洗濯物干しハンガーはピンチで選ぶ!干し分け角ハンガーの実力

ハンガーの使い分けで洗濯がもっと楽しく便利になる!

突然ですが、洗濯は週に何回されますか?3回でしょうか?4回でしょうか?
実は、共働きのご夫婦でも毎日洗濯しているというご家庭が多いようです。
たしかに、4人家族ともなりますと、一日に……、

バスタオル3枚~4枚、ハンドタオル8枚、家族の下着×4枚、シャツ2枚、デニム1本、靴下×4足、ミニタオル3枚、ハンカチ×3、Tシャツ2枚、寝巻き×4枚。
ここに、週に1回、シーツや枕カバー、エクストラで出てくる洗濯物が加わりますと、大変な量になります。できればためずに、さっさと洗濯してしまったほうが楽なんですね。それにしても、結構大変です。

この洗濯をいかに効率的に済ますかで、家事負担が大きく減るのは言うまでもありません。

そのため、洗濯機は二層式⇒全自動⇒乾燥機付き全自動と、多彩な機能が搭載され、負担も減り時間も短縮できるよう進化を遂げてきました。でも、洗濯自体が楽になったとしても、干す方法については、あまり進化していないのでは???と思われている方・・・
いえいえ、そんなことはありません!
その洗濯機の進化に合わせ、洗濯物干し用のハンガーも劇的に進化を遂げているのです。ダイヤコーポレーションでは、洗濯物(衣類)のことを優先的に考えながら洗濯の負担を軽減すべく、様々な物干しハンガーを研究・開発してきました。

たかがハンガーどれを使っても同じじゃないか?!

と思う方もいるかもしれませんが、専門に研究され開発された物干しハンガーは性能も使い勝手も全然違います。物干しハンガーで重要なのは、干しやすさと取り込みやすさ。ピンチ(洗濯ばさみ)の形状も開きやすく、使いやすい、そしてはさむ力も洗濯物に合わせて選べ、様々な物干し竿の高さにも対応できるよう研究されています。

洗濯物(衣類)のことを考えながら無駄のない配置で楽に洗濯物が干せる・取り込めるのは、洗濯物をどのように配置すると綺麗に干せるかという長年の研究結果からきており、様々なノウハウやアイデアが凝縮された逸品なのです。

今日はそんな洗濯物干しハンガー、その名も『ダイヤ 干し分け角ハンガー』シリーズをご紹介します。使いやすいハンガーだと洗濯物を干す!という面倒くさい作業もいささか楽しくなりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

洗濯物の量で使い分けるハンガーのご紹介

ダイヤ 干し分け角ハンガーストロング52

このストロングシリーズの最大の特徴は、丈夫なストロングフレーム構造と金属チェーンによりとっても頑丈なこと。そして、はさむ力が強いピンチと普通のレギュラーピンチと弱いソフトピンチ、三種類のピンチが一つのハンガーにミックスされているということ。
経験ありませんか?ジーンズなど硬くて重い物を下げたらピンチが外れてしまう……。
「これいつも外れちゃうのよねー」と何度もやり直す。面倒くさいですね。

また、ジーンズやパンツは丈がありますから、物干し竿が低いところにあると、パンツがベランダの床にとどいて汚れてしまう「あと十センチあればずらないのに~」もしくは、「あー、ピンチが強すぎて跡ついちゃった、へんなところがつままれてる」・・・そんな苛立ちは、この干し分け角ハンガーストロング52が一挙に解消してくれます。

強力なピンチが20個あるので、デニムや重いパンツ、張りのある素材などはそちらに。
タオルやTシャツにぴったりの普通のピンチも24個。ソフトピンチが8個、ストッキングやタイツ、デリケートな衣類はピンチ跡がつきにくいので安心。

そして、このハンガーの凄さはそれだけではないんです。
この3種類のピンチの配置にご注目。
ソフトピンチの位置は内側にあります。つまり、下着を他の洗濯物で隠すように取り囲んで干せるんです。また、ストロングピンチの位置は真ん中に左右対称。つまり重いものに振られないように干せるんです。

計算しつくした神配置で、洗濯物を気持ちよく綺麗に干せる!
その他にも多彩な物干しハンガーをご用意していますので、ぜひこの快感を体験していただきたいです。

▼商品詳細はこちら

 

ダイヤ 干し分け角ハンガーストロング42

こちらも丈夫なストロングフレームと金属チェーンを採用した頑丈なハンガー。ピンチの数が42個と少しコンパクトですが、『ダイヤ 干し分け角ハンガーストロング52』とは異なり、3種類のピンチ全てが指先の丸みに合わせて開けやすい形状になっている「フィットピンチ」となっているので、更に快適に使えます。二人暮らしならこれで充分かもしれませんね。回転防止フックも2つ備えているので、強風でも安心して使えるのもうれしいですね。

▼商品詳細はこちら

 

ダイヤ 干し分け角ハンガーベランディア36

このべランディアは、その名の通り、ベランダに合わせて使える便利物。
高さが選べる2種類のフックが付いているので、高いところに物干し竿がある場合はセンターフック、低い物干し竿ならサイドフック、シーツや洗える毛布など、洗濯物の長さでも調節できますね。一人暮らしは普段の洗濯からシーツなどの洗濯まで対応できます。

▼商品詳細はこちら

 

ダイヤ 干し分け角ハンガーストロング18

こちらは、これまで紹介してきたハンガーに加えて、一個あると便利なハンガー。
いつもよりちょっと多い洗濯物の時に活躍してくれます。

隙間に干せるスリムタイプで回転防止フックもついていてます。
もちろん、サラリーマンの一人暮らしの方で、自宅では普段靴下や下着くらいしか洗わないという方にもおすすめです。とてもコンパクトなので収納もかさばりません。また、コンパクトサイズでもピンチの種類は3種類。ストロングピンチも4つあって大きめのバスタオルもしっかり干せます。

▼商品詳細はこちら

 

ダイヤ 干し分け角ハンガー20

室内干しに最適な物干しハンガーがこちら。
強力ピンチとレギュラーピンチの2種類のピンチ。本体を直角に立てるとなんとタンスなどに引っ掛けて干せるんです。

雨の日にも、靴下や下着など、ちょっとした洗濯に便利。しかも、直射日光にあてたくない大事なデニムも干せるんです(除湿機などの使用をおすすめします)

▼商品詳細はこちら

 
いかがでしたでしょうか?
こうして改めて『ダイヤ 干し分け角ハンガー』シリーズをじっくり見てみますと、様々な工夫がされてますね。
ピンチの種類も、長年の研究で、洗濯物の種類、量から、この数が使い勝手がいい!というものが反映されてるんです。

もちろんご家庭によっては、タオルがたくさんある、ジーンズは履かない、など事情が色々あるとは思いますが、一度使うとその便利さが分かっていただけます。
使いやすいアイテムで毎日の洗濯をもっと便利に、そして少しでも楽しくできるお手伝いができればいいなと考えています。