Menu
INFORMATION2017.7.6

【ニュースリリース】ゴルフスイングをセルフチェックできる新しい練習器『ダイヤスイングマスター463』TR-463発売

New Release

4本の棒を伸ばして開いて繋げてゴルフスイングをセルフチェック

『ダイヤスイングマスター463』TR-463を発売

~ 植村啓太プロと関雅史プロが徹底解説したレッスンDVD付き ~

 


  • ダイヤスイングマスター463-パッケージ

  • ダイヤスイングマスター463-本体

 ダイヤゴルフのブランドでゴルフ用品を展開している株式会社ダイヤコーポレーション(本社:東京都中野区、社長:豊澤一誠)は、伸縮する4本の棒でゴルフスイングがセルフチェックできる『ダイヤスイングマスター463』を2017年7月15日に発売します。植村啓太ツアープロコーチと関雅史ティーチングプロが使い方を解説したレッスンDVD付きです。

  商品名  ダイヤスイングマスター463
  品番   TR-463
  本体価格   4,800円(税抜)
  発売日   7月15日

 ゴルフのスコアアップには正しいスイングの習得が基本となります。しかし、自分自身のフォームを客観的に確認することは難しく、知らず知らずのうちに誤ったスイングをしていることがあります。イメージしているスイング像と自分のスイングにどれだけ差があるのかを認識するためには、セルフチェックしながら練習できることが重要なポイントとなってきます。

 そこで当社は、伸縮する4本の棒を使用して、ゴルフスイングのセルフチェックができる『ダイヤスイングマスター463』を発売します。『ダイヤスイングマスター463』は、着脱可能な2本の棒と角度調節できる棒を、チェックしたいスイングに合わせて設置します。様々な使い方により、アドレス、スイングプレーン、パッティングストロークの確認ができます。また、植村ツアープロコーチと関ティーチングプロが使い方を解説したレッスンDVD付きで、実際にレッスンを受けているような感覚で使用することができます。

C_new

『ダイヤスイングマスター463』TR-463の使用方法

1. 正しいアドレスの確認
4本の棒を伸ばして、十字に広げることで正しいアドレスを確認できます。足を棒に合わせ、まっすぐ立ち、棒の延長線上にボールを置くことで、正しいアドレスを視覚的に確認できます。

A

2. スイングプレーンの確認
目盛りが付いている棒の角度をクラブのライ角に合わせて調節し、左右の棒を伸ばし、立てて設置します。クラブのライ角と棒の角度を意識してスイングすることでスイングプレーン(ヘッドの軌道)を確認しながら練習できます。

B

3. パッティングストロークの確認
本体中央の棒は、取り外して1本に繋げることができます。伸ばした棒を2本使用し、目標方向に向けて平行に設置。その間をストロークすることでパッティングの基本となる「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打つ」を意識できます。

C

レッスンDVD付き

基本的な3つの使用方法の詳しい解説と合わせて、植村ツアープロコーチと関ティーチングプロがおすすめする使用方法3つを紹介しています。

商品仕様

  品  名  ダイヤスイングマスター463
  品  番   TR-463
  素  材  [本体]亜鉛合金 [棒]ステンレス、スチール
  外形寸法  [本体]縦約192mm×横約36mm×厚さ約19.5mm
  本体質量   約125g
  本体価格   4,800円(税抜)
  発  売  日   2017年7月15日
  JANコード   4901948041123
・商品紹介ホームページ URL : http://www.daiya-idea.co.jp/golf/practice/4901948041123-2/
・取扱い場所 : 全国のゴルフショップ、スポーツショップの一部店舗、インターネット通販等
・当社公式ショッピングサイトURL :https://item.rakuten.co.jp/daiyagolf/4901948041123/
ニュースリリース(PDF)